一流と言われる人たちはどのようにして「成果」を出しているのか?

GRIT

「成果」を出すなら「粘り強さ」が必要

『やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける』という本を読みました。

人生において「成果」を出すために何が必要か書かれてある本です。

この本によれば、才能のある人が「成果」を出すわけではなく、「努力(粘り強さ)」が成果を出せるか否かを左右すると書かれてあります。

成果を出すための努力は2種類必要です。

才能☓努力=スキル
スキル☓努力=成果

です。

つまり、「才能」はスキルを身につけるスピードを上げるが、それだけでは成果を出すことはできない。

身についたスキルを気が遠くなるほど粘り強く続けてこそ「成果」が出せるという事が研究でわかっています。

才能だけでは成果は出せないという事ですね。

 

しかし私達は優れたスポーツ選手や能力の高い人を見ると「才能がある人だ」「私には手が届かない」と神格化しがちです。

目の前の結果だけを見て、裏に隠されている「とてつもない努力」を見ようとしません。

努力を続けてきたからこそ得られている「成果」を「努力の賜物」と見ずに「才能」や「センス」という言葉で神格化してしまいます。

「神格化することで人は「ラク」になる」と書かれてありました。
私達は完璧な王者に憧れる。当たり前のものより、驚異的なものが好きなのです。

神格化する事で、現状に甘んじる事ができるからだそうです。
確かに・・・言われるとそんな気がしますよね。

 

「やり抜く力」を育むために

やり抜く力は幼少期から身につける方が良いそうですが、伸ばすことができることもわかっています。

  • 自分自身が何に興味を持っているのか、興味を掘り下げる
  • 自分のスキルより少し上の目標を設定し、それをクリアする練習を習慣化する
  • 自分の取り組んでいる事が、大きな目的とつながっている事を意識する
  • 絶望的な状況でも希望を持つことを学ぶ

など言われれば「なるほど」と思いますが、実際にやるのは苦しい状況に負けないメンタルが必要ですね。

ただ、考え方次第でメンタルは鍛えられるという事を知ることができました。

なかなか「やり抜く」というのは大変な事ですが、少しずつ努力していく勇気をもらえました。

 

「今の状況を打破したい」「もうちょっと頑張ってみようかな」と思っている人にオススメの一冊です。


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

手帳や文具が好き。 『フランクリン・プランナー』を10年近く愛用していましたが、持ち歩きが辛くなり、2019年からNOLTYのリスティへ変更。 最近手書きの良さを改めて実感している。