日常生活 電化製品

ドライブレコーダー(KENWOOD(ケンウッド)DRV-MR740)を購入しました

最近、色んな車の事故や事件が多く放送されていますよね。
以前より物騒なニュースが増えたな・・・という気がします。

あおり運転の懲罰が厳しくなり、ドライブレコーダーを装着する車も増えてきているようです。

我が家もドライブレコーダーの装着を数ヶ月前から検討していましたが、ついに購入することにしました。

購入した商品はKENWOOD(ケンウッド)のDRV-MR740という製品です。

KENWOOD(ケンウッド)DRV-MR740

ドライブレコーダーは「前だけのタイプ」「前と後ろのタイプ」「360°タイプ」と大きく分けて3種類あります。

我が家は、「前と後ろのタイプ」を狙って買いに行きました。

「前だけは不安」「360°タイプは値段的に高い」という理由です。

数ある商品の中でKENWOOD(ケンウッド)のDRV-MR740を購入した理由は・・・

・価格が安くなっていた(時期モデルの発売により価格が下がっていた)
・KENWOOD(ケンウッド)はJVC(ビクター)というメーカーが作成しており、光学系に強い
・デジタル処理できれいに保存できる
・24時間録画に対応

など、求める条件を満たしていました。

本体は25000円くらいだったのですが、工賃が13000円程度、バッテリーコントロール(電圧を低下させない部品)9000円、接続コードなどが必要であり、トータルで53000円くらいでした。

もちろん、少し値切って50000円で購入しました(笑)

この機種は「動体録画機能」が付いており、車が駐車中でもカメラが「動き」を感知すると録画を開始します。
つまり、車のイタズラなど不審者がいれば録画し、その記録を約24時間残します。

通常の運転時は常時録画されており、1時間毎にメモリーカードが上書きされていくような仕組みのようです。

これで「あおり運転」や「交差点の事故」など、トラブル時は証拠を残すことができそうです。

とりあえず、予算内で購入できて良かったです☆

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ケンウッド DRV-MR740 スタンドアローン型前後撮影対応2カメラドライブレコーダー
価格:24000円(税込、送料別) (2020/1/5時点)

楽天で購入

 

 

  • この記事を書いた人
Kei

Kei

手帳や文具が好きなアラフォー男性 フランクリン・プランナーを10年以上使った後、「リスティ1」「ジブン手帳」を経て、2020年度は高橋手帳を愛用中。 「手帳は人生を変える力がある」と信じている☆

-日常生活, 電化製品

Copyright© 手帳と私の生活ブログ , 2020 All Rights Reserved.