NOLTY(能率手帳) 手帳

手帳好きの悩み~仕事用は4月始まりが良い

手帳は4月始まりがいちばん!?

もうすぐ4月になりますね。

世の中がコロナウイルスでザワついているので、
なんともスッキリしない日々を過ごしています。

 

しかし、気がつけば4月です。

 

今年(2020年)の1月から「ジブン手帳」を愛用していますが、
この「年度変わり」って「手帳」に目が行ってしまうんですよね・・・(汗)

仕事を管理する上で「4月始まり手帳」は本当に良いと思います。

 

社会人にとって4月はスタートライン

新入社員が入ってきて、一緒に仕事するメンバーも変りますし、役割も変わってきます。
会議の時間が変わったりもしますしね・・・

しかし・・・

1月から使い始めた(正確には12月から使い始めている)手帳がもったいない気もする・・・

 

「4月始まり手帳」の中で気になっている手帳

この記事を書いている時点で、「4月始まり」に気持ちが半分くらい行っているのですが(笑)

今は過去に上手く使えなかった「能率手帳 1」が気になっています。

 

 

見た目はオッサン!

中身もオッサン!

 

 

というフレーズがピッタリな手帳です。

能率手帳1

 

私の周囲に「能率手帳1」を使っている人はいませんが、
王手会社の「社長」さんなど、年齢の高いビジネスマンが40年以上使っている・・・
という方もいて、(というか、雑誌などで良く拝見する)

使い方を上手くやれば使えるのではないかと考えています。

 

能率手帳1は「能率手帳ゴールド」という高級版もありますが、
あちらは1月始まりなので、今の所眼中に無いです。

 

過去に「能率手帳1」を使って私が苦手だったのは「ガントチャート」と呼ばれるカレンダー部分でした。

ガントチャート

 

今まで「ブロックタイプ」しか使ったことがなかったので、
使い方がわからず、頭の中で日付の変換ができなかったのです。

 

しかし、ここ数年で仕事内容が「管理職」に変わり、時間の使い方が変わってきました。

月間カレンダーもあまり見ることが無くなりました。。。

なので、ちょっとチャレンジしてみたいな・・・
という思いもあり、「能率手帳1」を狙っています(笑)

ジブン手帳の「バーチカル」にも慣れてきましたし、
そろそろレフトタイプを使いこなす時期かもしれません(←よくわからない自信)

 

手帳を変える→自分が変わる

私の中で、「手帳を変える時期」というのは「自分を変えたい」と
思っている時期が多く、今の生活にどこか不満を覚えている時期かもしれません。

 

そういう思いを手帳にぶつけて発散し、楽しむのも良いのではないかと・・・(勝手に思っています(笑))

近々買うかもしれないので、また買ったらご報告したいと思います。

 

  • この記事を書いた人
Kei

Kei

手帳や文具が好きなアラフォー男性 フランクリン・プランナーを10年以上使った後、「リスティ1」「ジブン手帳」を経て、2020年度は高橋手帳を愛用中。 「手帳は人生を変える力がある」と信じている☆

-NOLTY(能率手帳), 手帳

Copyright© 手帳と私の生活ブログ , 2020 All Rights Reserved.