ポメラ 日常生活

ポメラ(pomera)DM200の購入レビュー

待ちに待った『ポメラ(pomera)DM200』を購入しました☆
DM100を4年使い、満を持してポメラ(pomera)DM200の購入です。

自分では「良く待ったな・・・」と褒めてあげたいくらいです。
(あまり待てずにすぐに買ってしまうタイプなので(汗))

 

今、この文章はDM200で入力しています。

 

ポメラDM200は思った以上に進化している

一言で言うならば「正常進化」しています。

DM100との比較になりますが、タイピングの打ちやすさは段違いで、
DM100はどちらかと言うと「ペラペラした感じ」でしたが、こちらのDM200は「かっちり」しています。

 

『キーのどこを押しても安定感のあるV字ギアリンク構造』という構造らしいのですが、
静寂性や安定感が増しているのを体感できます。

重さは200g程度重くなっているようですが、持った感じはそんなに「重い」とも思いませんでした。
サイズがDM100とほぼ同じなので、違和感なくバッグに収めることができます。

それにしても、「変換機能」がこれほどストレス無いとは・・・
まだ、辞書登録はやっていませんが、違和感なく文字が変換されます。

文字を書くことを仕事としている「小説家」の方などが、
DM200になって「使えるガジェットになった」と書いていましたが、その感覚がわかります。

レポートや会議録など「文字を書く機会」のある人は、
パソコンよりポメラ(pomera)DM200を買うべきだと思います。

立ち上がりの早さのおかげで「すぐに」入力することができますし、
とにかく「小さい」「軽い」という点が良いです。

キーボードの幅もノートパソコンと大きく変わらない大きさを保っていますので、すぐに慣れることができます。

「乾電池」ではなく「充電式」になったのは残念ですが、
このグレードアップはとにかく大きなメリットを感じています。

 

ポメラ(pomera)DM100からDM200に変えたときの違和感

DM100からDM200に変えたわけですが、何点か違和感を感じました。

画面に「pomera」と出ない

DM100は立ち上げたときに「pomera」と出ていたのですが、何も表示されません。

カバーを開けたときに、何も表示されず、数秒後に入力画面になります。

なので、一瞬「充電切れなのかな?」と思ってしまいます。

慣れれば問題ないのでしょうが、はじめは驚きました。

充電時に何も光らない

充電コードを差し込んでも、何の反応も示しません。
LEDランプがあるわけでもないし、音が出るわけではありません。

大丈夫かな・・・と心配していましたが、画面上の電池マークを見ればわかるようです。
外部から充電がきちんとされているかわかりにくいので、注意が必要かもしれません。

 

蓋を開けたときに傾く

これは「仕様」なのですが、上部のカバーを開けることでキーボードに少し傾斜ができるようになっています。

DM200

この『角度(傾斜)』のおかげで「タイピング」がやりやすくなるのですが、はじめは変な感じがしました。
使い始めたばかりなので、傷が付きそうで怖いです(笑)

 

文字カウント機能が消えた?

レポートを書いたり、ブログを書いたりする上で「文字数」は大事な要素になります。

DM100ではメニューの中に「文字カウント」があったのですが、その項目が見当たりません。
正直言って、焦りました。

文字数は「menu」→「ファイル」→「プロパティ」の中に「総文字数」として表示されます。
(または「F10」でプロパティを表示できます)

良かった~(^^)

個人的には文字数は「下のバー」に表示される設定が欲しいです。

画面が反射仕様になっている

DM200の画面は反射仕様になっています。
個人的にはノングレアの方が好きなのですが、仕方ありません。
あまり気になるようであれば、フィルムを貼ります。

 

ポメラDM200は、ますます「ポメラ」を手放せなくなるツールである

上記に「違和感」を書きましたが、それ以外は「満点」の出来です。

4年間、キングジムのスタッフが本気で取り組んだ改善点が所々に見られます。

買う前にamazonでチョクチョクチェックしていたのですが、
1週間に10台以上売れています。

日曜日に「残り11台」となっていましたが、
それも金曜日には「残り1台」になり、
土曜日にまた「残り11台」の表示になっていました。

パソコンがこれだけ安くなっている中で、なかなかの勢いで売れている商品だと思います。

 

ポメラDM200【amazon】をチェックする

  • この記事を書いた人
Kei

Kei

手帳や文具が好きなアラフォー男性 フランクリン・プランナーを10年以上使った後、「リスティ1」「ジブン手帳」を経て、2020年度は高橋手帳を愛用中。 「手帳は人生を変える力がある」と信じている☆

-ポメラ, 日常生活

Copyright© 手帳と私の生活ブログ , 2020 All Rights Reserved.