パソコン関連 ブログ運営 日常生活

ホームページビルダーとDreamweaver

ホームページビルダーとDreamweaver(ドリームウィーバー)はどちらが良いのか?

先日、ホームページビルダーを買い直しました。
今回購入したのは「ホームページビルダー21」という製品です。

ホームページビルダー21

ホームページビルダーは過去に何度か使っています。

以前(と言っても、15年以上前?)

HTMLやCSSが全くわからない時期に、いわゆるフレーム(Tableタグ)で組み立てていく方法で作っていました。

最近はCSSでのデザイン作りが主流になっており、現在ではもうやらない古い手法です。

もう一度HTMLとCSSをきちんと勉強したくなりホームページビルダーを購入しました。

昔には無かった「レスポンシブデザイン」も気になりますし・・・

DreamweaverCS6というものも持っているのですが、ホームページビルダーの方が素人にはわかりやすく、
どちらかというと直感的に使えます。

 

Dreamweaverはプロが使うソフトなので、高機能なのですが、HTMLやCSSが全然わからない人にはちょっと難しい作りです。
機能は素晴らしいので、HTMLとCSSを十分に使いこなせるようになったら、使っていきたいと思います。

 

ホームページビルダーの進化

今回、ホームページビルダー12から21に変えたのですが、随分進化しています。

まず、フルCSSのサンプルには驚きました。

 

デザインはあまり好みなものではありませんでしたが、これだけでソースの勉強になります。
レスポンシブデザインのサンプルもたくさんあり、便利な世の中になったと感じます。

ホームページビルダーはアンチなコメントをよく目にしますが、個人的にはそんなに悪いとは思いません。

デフォルトでは余計なコードが自動で入りますが、設定をしっかりしてしまえば変更できます。
コードを入れながらプレビューもやりやすいですし、CSSのコードも簡単に入れられます。

ウェブサイト作成のプロが作成するような凝ったものは難しいと思いますが、普通に作成するなら十分過ぎる機能です。

 

ホームページビルダーでオシャレなサイトはできるのか?

これは個人の好みかもしれませんが、デザイン次第では可能だと思います。
何でもそうですが、使い方次第です。

機能をすべて知っている人がオシャレなサイトを作れるわけではありません。
偉そうに書いていますが、私にはデザイン性の高いサイトは作れません(汗)

そもそも、「センスのよいサイト」というのは、見る人が迷わないサイトだと思います。

デザイン性の高いサイトは、入り口がちょっとわかりにくかったりしますが、使う人が違和感なく情報にアクセスできるようなサイトが「センスの良いサイト」と言えるのではないかと思っています。

色の使い方もそうですが、見ている人に親切なサイト作りが大切です。

 

ホームページビルダー21のおすすめ

ホームページビルダーは現在「22」が最新となっています。
しかし、色んな情報を読むと「データのダウンロード」になっているようで、パッケージ版は21が最後になっています。

突然パソコンが壊れた時は、ジャストシステムからダウンロードしなければならないようです。
(これが意外と時間がかかるらしい)

アドビのソフトが定額制になっていますが、ソフト会社も少しずつ長期的にお金を取れる仕組みづくりにシフトしているようです。
なので、ホームページビルダーのパッケージ版は保険と思って手元に持っておいたほうが良いと思います。

 

また、ホームページビルダー21は同時に「バナー作成ができるソフト」や「地図が作れるソフト」が同梱されています。
アドビのDreamweaverと比較すると驚くほどお得なソフトです。

  • この記事を書いた人
Kei

Kei

手帳や文具が好きなアラフォー男性 フランクリン・プランナーを10年以上使った後、「リスティ1」「ジブン手帳」を経て、2020年度は高橋手帳を愛用中。 「手帳は人生を変える力がある」と信じている☆

-パソコン関連, ブログ運営, 日常生活

Copyright© 手帳と私の生活ブログ , 2020 All Rights Reserved.