日常生活

こんなに美味いとは思わなかった!サントリーオールドウイスキーの芳醇さがたまらない

ウイスキーのススメ

最近、「色んなお酒を試してみたい」と考えています。

もともとお酒には弱いので、沢山は飲めないのですが、「お酒のわかる大人」になりたいという思いがあります。

お酒の細かい事はよくわかりませんが、色々試して「お気に入り」を持っておきたいと思っています。
少しずつ試しながら勉強していけたら良いですよね。

 

2ヶ月ほど前、「ジャックダニエル」というウイスキーを試しました。

ウイスキー界では「ド定番」のウイスキーなので、知っている人も多いかもしれませんが、「ウイスキーの良さ」がわかる一品でした。
ウイスキーの香りは「好き嫌い」が分かれるので、全員にオススメできませんが、個人的にはあの香りが気に入っています。

先日、「ジャックダニエル」が飲み終えたので、今回は「サントリーオールド」というウイスキーを買いました。
何となく、専用コップも欲しくなり、ニトリでステンレスカップも購入しました。

サントリーオールド

サントリーオールド

よく芸能人が「ウイスキー」ボトルを何個か並べている光景をテレビで見ますが、私の場合1本ずつ消費していくタイプです。
数本を開けて、並列で数種類を試す・・・という事は今の所やっておりません。

そもそも、そんなに沢山の量を飲めないので、あまり沢山購入すると「余って仕方ない」という事態になってしまいます。

 

サントリーオールドは歴史あるウイスキー

サントリーの前身は「寿屋」という名前の会社だったようで、オールドのラベルには「寿」という文字が印刷されています。
初めて見たときは「お祝いの時に飲むもの?」と思ってしまいましたが、違かったようです。

サントリーオールドは随分前から飲まれている「歴史ある」ウイスキーですが、バブル期には「高級なお酒」として取り扱われており、庶民の中では「憧れのお酒」だったそうです。

記憶をたどると、私の小さい頃、祖父の家にオールドの瓶が置いてあった覚えがあります。
普段は飲まない「高級なお酒」というイメージがありました。

今では価格も安くなり、手に入れやすくなりました。
(ありがたいことです)

 

サントリーオールドとジャックダニエルは味が違った

ジャックダニエルはアメリカのウイスキーですが、サントリーオールドは日本のウイスキーになります。

同じウイスキーでもこんなに味や香りが違うんだな・・という印象です。

一言で言うなら、「柔らかい」感じがあります。
また『琥珀色』の明度がジャックダニエルよりオールドの方が明るく、透き通っているような感じでした。

ほのかに「甘み」も感じられ、ジャックダニエルより飲みやすかったです。

ハイボールでもお湯割りでも楽しめます。
(個人的にはお湯割りが好みです)

同じようで違う・・・というのが良いですね。
「お気に入り」が固定されるまでには数年かかるかもしれませんが、年を重ねるごとに楽しめたら良いなと思います。

  • この記事を書いた人
Kei

Kei

手帳や文具が好きなアラフォー男性 フランクリン・プランナーを10年以上使った後、「リスティ1」「ジブン手帳」を経て、2020年度は高橋手帳を愛用中。 「手帳は人生を変える力がある」と信じている☆

-日常生活

Copyright© 手帳と私の生活ブログ , 2020 All Rights Reserved.