NOLTY(能率手帳) フランクリン・プランナー

2017年の手帳は何にする?~私のオススメ手帳~

2017年~オススメ手帳

さて、いよいよ来年度の手帳を考える時期がやって来ました。
「まだ9月だし・・・」なんて言っているとあっという間に12月が来ますよね。

 

手帳の販売時期はだいたい9月から11月が多いです。
年々早くなっている傾向にあり、だいたい9月の中旬頃から一気に増えます。

今日は私が独断と偏見で考えるオススメ手帳を紹介しようと思います。

 

手帳に何を求めるか?

手帳を買うときは、色んな目的があると思います。

 

・スケジュールを効果的に組んで時短に取り組みたい
・自分の情報を整理しておきたい
・タスクをしっかりと管理したい
・ひらめきを残しておきたい
・目標達成したい
・ミスをゼロにしたい

など・・・

 

手帳を使えば時間が増えるわけではありませんが、自分の行動を変える事ができます。

いわゆる「タイムマネジメント」と言われていますが、
「時間を管理する」というよりは、「自分の行動を管理」するという考えが必要です。

 

2017年をより良く過ごせるように、手帳選びからはじめてみましょう!

 

時短を目指している人用の手帳

予定の入れ方やタスクの時間管理がうまくなると確実に時短につながります。
一日で全てが終わる仕事もあれば、数日かかる仕事もあります。

 

社会人になると基本的に一日で終わる仕事の方が少ないのではないでしょうか?

 

自分のモチベーションも含め、管理していく必要があります。
時間管理を重点的に管理したいなら「バーチカルタイプ」がオススメです。

 

バーチカルタイプというのは縦軸に時間が書いてある形のフォーマットです。

スケジュールを時間枠にはめ込んでいく事で、スキマ時間が俯瞰でき、無駄な時間を探すことができます。

もちろん、タスクの優先順位も考えながら実施する必要があります。

 

バーチカルタイプの手帳は「クオバディス」が有名。

もちろん、各社からバーチカルタイプの手帳は出ていますが、クオバディスはバーチカルに定評があります。

仕事のできるオシャレな女性にも人気があります。

 

 

情報整理の手帳

思いつきや情報整理を手帳で管理したい!

そう思われる方も多いと思います。

個人的には情報整理はノートが合っていると思いますが、スケジュールと一緒に管理をしたい方はレフト式がオススメです。
レフト式とは左側のページが一週間の日付、右側がブランクページになっています。

 

情報は右ページのブランクページに書くことができますし、スケジュールは月間ブロックと週間レフトで管理できます。

個人的なオススメは「NOLTY ポケットカジュアル」

 

少し長めの手帳ですが、ギリギリポケットに収まるくらいのサイズ。
デザインもシンプルで、若者に人気だそうです。

 

昨年愛用しましたが、筆記面が広く非常に出来の良い手帳でした。
来年の候補にも入っています。(私はNOLTY手帳は4月始まりを使っています)

 

ネーミングが「ポケットカジュアル」という若者っぽいのですが、若者だけでなく私のようなオジサンにもオススメできます。

 

 

ひらめきを手帳で管理したい

ひらめき・・・アイディア・・・捕まえておきたいですよね。

 

この「ひらめき管理」(←勝手に名付けた)の手帳は、1日1ページタイプがオススメ。

ひらめきは「図」で書くことが多く、ある程度筆記面積が必要になります。

 

もちろん、ノートでもOKですが、スケジュールも一元化したいという方も多いはず。

1日1ページで人気なのはあの「ほぼ日手帳」です。

私も一度使ったことがありますが、十分な筆記面積は便利でした。
というか、あまり書かない日は逆に白紙が続いて焦りましたが・・・

 

タスク管理は少し弱くなりますが、ひらめきを残すには良い手帳です。
「ほぼ日手帳」は人気No.1の手帳だそうです。

公式サイトもオシャレで見ると欲しくなるので注意です(笑)

2017年手帳オススメ

ほぼ日手帳のサイト

 

 

手帳で目標を達成したい

目標管理!大事ですよね!

これはもうフランクリン・プランナーが一番オススメ!

 

とはいえ、フランクリン・プランナーってちょっと高いんですよね。
個人的にはかなりオススメしますが、「手帳にそんな金出せるか!」という方。

 

美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳 がオススメです。

美崎先生は過去にフランクリン・プランナーを使っていた経緯があり、
タスク管理や情報管理も工夫されたフォーマットになっています。

フランクリン・プランナーからも「とじ手帳」が出ていますが、正直こちらは使いにくいです。
フランクリン・プランナーを使うならバインダータイプの方が断然良いです。

 

初めての人はスターターキットから始めるのをおすすめします。

 

その他のオススメ

自分らしさを出したい・・・

手帳の内容を書き写すのがイヤ

という方にオススメなのは、「ジブン手帳」や「トラベラーズノートダイアリー」です。

 

とにかく、カスタマイズが豊富で、どちらも人気の手帳です。

私はフランクリン・プランナーというシステム手帳を使っていますが、
システム手帳に近い自由度が手に入ります。

システムが作られてない分、自分で自分なりの決まりを作っていく必要がありますが、
自由度は最高です。

 

いかがでしょうか?
来年度の手帳を考える一つのネタになれば幸いです。

  • この記事を書いた人
Kei

Kei

手帳や文具が好きなアラフォー男性 フランクリン・プランナーを10年以上使った後、「リスティ1」「ジブン手帳」を経て、2020年度は高橋手帳を愛用中。 「手帳は人生を変える力がある」と信じている☆

-NOLTY(能率手帳), フランクリン・プランナー

Copyright© 手帳と私の生活ブログ , 2021 All Rights Reserved.